アイフルは収入証明書なしでも審査に通る化調べてみた。

MENU

アイフルは収入証明書なしでも審査に通る?

 

↓ ↓ ↓ ↓

第1位 アコム


 

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須

第2位 プロミス


 

※平日14時までに契約完了が必要

※お申込みの時間帯によって当日中のご融資ができない場合があります

 

アイフルは審査の時に収入証明書が必要なのでしょうか?
貸金業者によっては本人確認書類同様に収入証明書の提出を必須としているところも少なくありません。

 

本人確認書類は運転免許証や健康保険証など、これらは普段から持ち歩いている事が多いですから提出も比較的容易といえます。
しかし収入証明書となるとそうもいきません。

 

会社の給与明細書や源泉徴収票などきちんと保管しているとは限りませんから、提出を求められても提出できないことだってあるでしょう。
このような事から収入証明書なしでアイフルで借り入れできないかと考える方も多いようです。

 

果たしてアイフルでは収入証明書不要でお金を借りることは出来るのでしょうか?

 

アイフルのホームページでは収入証明書の提出条件を以下のように記載しています。

 

・アイフルのご利用限度額が50万円を超える場合
・アイフルのご利用限度額と他の貸金業者からのお借り入れの合計額が100万円を超える場合
・前回収入証明書をご提出いただいて3年以上経過している場合

 

上記に該当する場合は収入証明書を必ず提出しなければいけません。
つまり上記に該当しない場合は提出せずに借り入れが可能ということになります。

 

ですが、場合に寄っては上記に該当しなくても提出を求められることもあるようです。
そのようなときでもスムーズに対処できるように、どのような書類を提出すればよいのか理解しておきましょう。

 

 

アイフルでは以下の書類等を収入証明書として公式に認めています。

 

・源泉徴収票
・給与明細書
・住民税決定通知書、納税通知書
・確定申告書
・青色申告決算書
・収支内訳書
・支払調書
・所得証明書
・年金証書、年金通知書

 

上記いずれかのコピー1点を提出すれば収入証明と見なされます。
書類が不鮮明な場合は再度提出となりますので、注意してくださいね。

 

源泉徴収票は公的年金等もしくは退職所得のものは認められませんので間違えないようにしましょう。
給与明細書は直近2ヶ月分が必要になります。

 

例えば申込みする月が1月の場合は、11月・12月分と言う事になります。
但し地方税の記載がある場合は直近1ヶ月分のみの提出でokとなることこもあります。

 

自営業の方は確定申告書等での収入証明となります。

 

 

アイフルでは少額の借入であれば基本的に所得証明書の提出は不要となります。
しかし用意できるのであれば提出するほうが良いとも言われています。

 

収入証明書を提出することで収入があることをはっきり証明できます。
中には年収を水増しして申込みする方もいますが、収入証明書を提出することで虚偽の申請をしていないことの証明にもなります。

 

また場合に寄っては収入証明書を提出したことで利用限度額が高くなることもあります。

 

利用限度額が50万円を越える場合は書類提出が必須ということは、逆に提出できない場合は必然的に利用限度額は50万円以下に設定されてしまうということになります。

 

しかもその場合は基本的に少額で設定される可能性が非常に高いです。
必ずしも限度額が高くなるわけではありませんが、返済能力があることを証明できるのでプラスに働く可能性も高いということです。

 

更には在籍確認の代わりにすることも出来ます。
キャッシングの審査では勤務先に電話をし在籍確認をすることになっています。

 

人によっては職場に電話してほしくないという方も多いでしょうから、電話連絡無しで融資を受けられるのは有り難いですよね。

 

収入証明書は基本的に提出しなくても借り入れ可能です。
ですが提出することで不利益になることは基本的にありません。

 

もし可能であれば提出を試みてはどうでしょうか?


第1位 アコム


 

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須

第2位 プロミス



※平日14時までに契約完了が必要

※お申込みの時間帯によって当日中のご融資ができない場合があります