銀行系カードローンの審査で在籍確認の電話なしでいけるのは?

MENU

銀行系カードローンの審査で在籍確認の電話なしなのはどこ?

 

銀行系カードローンでは、審査時に在籍確認が行なわれます。

 

基本的に勤務先に電話にて確認を取るため、借金がばれないかと心配される方も多いです。

 

誰だって自分が借金していることがバレルのは嫌ですから、この在籍確認が気がかりとなり申し込みをためらってしまう方もいるようです。

 

 

内緒でキャッシングしたい方であれば、在籍確認なしで融資してくれる銀行系カードローンを探すことかと思います。

 

しかし在籍確認は返済能力を知るためにも必要ですから、これを省略して借りることなんて出来るのでしょうか?

 

今回は在籍確認なしの銀行系カードローンについて解説します。

 

 

在籍確認の電話でバレる可能性はない

在籍確認といっても、電話の内容は非常に簡単なものです。

 

銀行は第三者に借金している事実を伝えるようなことをしてはいけませんから、要件を伝えることはありません。

 

電話の内容も「〇〇銀行ですが、佐藤様はいらっしゃいますでしょうか?」と尋ねるだけです。

 

これに対し勤務先の職員が、申し込み者がその会社に在籍していることを確認できる内容でこたえれば在籍確認は終了となります。

 

例えば「佐藤は只今、外出しています」といったようにです。

 

在籍確認は本人が出る必要はなく、また仮に本人が電話に出た場合でもその場でカードローンのことについて話すことはありません。

 

 

銀行よりも消費者金融のほうがバレにくい?

 

在籍確認は何も銀行系カードローンだけの話ではありません。

 

当然ながら消費者金融でも在籍確認はあり、確認方法はやはり電話連絡を取ります。

 

 

但し、消費者金融の場合、会社名を名乗ってしまうと借金バレの可能性が高いので会社名は伏せて電話をします。

 

「もしもし、私、伊藤と申しますが佐藤様はいらっしゃいますでしょうか?」といったように、担当者の個人名を名乗ります。

 

 

銀行系カードローンの場合、基本的に行名を名乗ります。

 

ですから会社名を伏せる消費者金融のほうが借金バレの可能性は低いかもしれません。

 

但し個人名だけですと職場によっては「そんな人はいません」といったような返答をされることもあります。

 

 

もちろん銀行系カードローンでも希望すれば行名を伏せ、担当者の個人名で在籍確認してくれます。

 

但し、銀行の場合、個人向けのカードローン以外にも様々な金融商品を扱っていますから、銀行から電話がかかってきたというだけで借金に結びつけることはまずありません。

 

むしろ行名を名乗ってもらったほうがすんなり在籍確認できるケースもありますので、銀行系カードローンの場合はさほど気にする必要はないでしょう。

 

 

銀行から在籍確認の電話がかかってくると不安という場合は?

 

勤務先の職場によっては、自分宛に電話がかかってくることなんて殆ど無いという方もいるのではないでしょか?

 

いくらカードローンについて触れることはなくても、仕事場の人に怪しまれる可能性がありますから、出来ることなら電話は避けたいところでしょう。

 

また在籍確認する日が会社の休みだった場合、電話での応対ができませんから、休み明けに再度電話することとなります。

 

特に急ぎでない場合は良いですが、今日中にお金を借りる必要がある場合ですと困ってしまいます。

 

 

実は大手の有名銀行なら電話以外の方法で在籍確認してくれる場合があります。

 

社員証や会社発行の保険証など、その会社に在籍していること証明できる書類を提出すれば在籍確認OKとしてくれるのです。

 

この方法であれば職場に電話連絡がされませんので怪しまれることもありませんし、会社が休みの日でもその日に融資を受けることも出来ます。

 

但し地方銀行などですと電話連絡以外は対応していないところが殆どですので、審査を受ける前に必ず確認したほうが良いです。

 

 

在籍確認で借金がバレルことはまずありません。
しかし事情があって電話してほしくないという方は、書類で在籍確認してもらうと良いでしょう。


第1位 アコム


 

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須