学生でも親バレしないで内緒でキャッシングできるか調べてみた。

MENU

学生でも親バレしないで内緒でキャッシングできる?

 

学生時代だからこそ、普段の生活の中でお金が必要になる機会は多いものです。仲の良い友人達と飲み会をしたり、恋人とデート、また長期連休時には海外旅行へ出掛けることもあるでしょう。

 

しかしどこかへ出掛けるためにはお金が必要であり、時にお金が無くてせっかくのお誘いを断らなければいけないこともあるかと思います。

 

他にも場合によっては大学の授業料・学費の工面、そして一人暮らしの場合には家賃の支払いもあるでしょう。最近では携帯電話の料金も結構かかりますよね?

 

教育ローンや奨学金などを利用して授業料を支払っている学生も多いですが、生活費や交遊費にはもちろん利用出来ません。

 

そんな時にオススメしたいのが、消費者金融会社や銀行カードローンなどを利用してのキャッシングであり、条件を満たしていれば学生でもお金の借入が出来ます。

 

まず学生が金融会社や金融機関でお金を借りるためには、満20歳以上という年齢制限があり、同じ学生でも未成年者の借入は出来ません。

 

そしてもう一つ、アルバイトをして安定した収入を得ている必要があります。

 

これら2つの条件を満たし、また申し込み時には運転免許証や学生証などの身分証明書を一点提示しなければいけません。

 

皆様の中には「お金を借りることを親にバレたくない」と思っている方も多いでしょう。原則として親を保証人に付ける必要はありませんが、どうしても契約書や明細書などといった郵送物が自宅に届いてしまい、バレてしまうことがあります。

 

この郵送物が送られてこないようにするために、各消費者金融の無人契約機を利用して申し込みすることをオススメします。

 

無人契約機でしたら、その場で契約書やキャッシュカードが発行されることから、親にバレないでお金を借りることが出来ます。

 

このように学生でも親バレせずに借入は出来ますが、学生という立場上、利用限度額は低く設定され、概ね5-10万円程度が一般的となります。

 

また将来社会に出てからの信頼を失ってしまわないように、アルバイトで得たお金で遅延することなく毎月借金返済をするようにしてください。

 

キャッシングもクレジットカードと同じで、収入に見合った借入と返済スケジュールの確立が大切なのです。