カードローンのキャッシングは初回限度額はいくらなの?

初めてのキャッシングではいくらくらい借りれるの?

 

カードローンによるキャッシングをする方の大半は、急な出費の際に利用するのが目的かと思います。

 

給料日前までの繋ぎとして利用する為、そこまで大きな額は必要としていないケースが多いことでしょう。

 

しかし中にはある程度まとまった大口融資を希望される方もいらっしゃいます。

 

消費者金融や銀行カードローンの案内には「◯百万円まで融資可能」と記載されている事が多いですが、実際の融資限度額はいくらなのでしょうか?

 

実は初回の段階で最高限度額まで借りれるようなことはまずありません。

 

 

初めて利用する方ですから、まだ信用も実績もない状態です。

 

このような方にいきなり利用可能枠ギリギリまで貸してくれる事が無いのは、容易に想像できるのではないでしょうか?

 

金融機関によって異なりますが、初回は10万円〜20万円が相場のようです。

 

大手消費者金融なら貸してくれると思うかもしれませんが、そのようなこともありませんのでお間違えなく。

 

初めは借入枠が少ないですが、借り入れを行い返済日をきちんと守り続けていれば徐々に信頼度が高まり利用可能枠を増枠・増額してくれるようになります。

 

これを繰り返していくことで最終的に利用限度額まで借りれる可能性が出てくるのです。

 

ただし、増額や増枠については、各金融機関の「増額審査」に申込をし、芯sあ通過しなければいけないことが多いので注意しましょう。

 

 

また、必ずしも利用限度額まで借りれるようになるわけではありません。

 

何故なら総量規制が設けられているからです。

 

改正貸金業法施行により、年収の3分の1までしか借り入れが出来ません。

 

これは借りすぎ貸しすぎを防ぐための法律ですので、貸し手も借りても守らなければいけません。

 

稀に借り入れ額を多くしたいがために年収を偽って申込される方もいらっしゃいますが審査の段階でバレることが殆どです。

 

当然そのような方は審査通過出来ません。

 

仮に通過しても後に契約解除になる可能性が高いですから、申告は正確に行いましょう。

 

借り入れ額が大きくなれば、その分借入金利は低くなりますが返済額は基本的に大きくなります。

 

ですからきちんと計画を立ててキャッシングを行うことだけはお忘れなく。


 

これまで一度も消費者金融を利用したことの無い人でもその名前を見たり聞いたりしたことがあるのが大手消費者金融のアコムです。

 

街中至る所に設置されている赤い看板は日本全国何処に行っても見かけますよね。

 

そんな消費者金融の代表格と言っても過言ではないアコムですが、甘い審査で誰でも簡単に通りやすい基準なのでしょうか?

 

一つ言えることがあり、アコムに限らず全ての大手消費者金融では、決して緩い審査で融資を行っているのではなく、お金を借り入れするためには、厳しい審査にパスしなければいけません。

 

申し込み審査では、他社でのキャッシング状況、クレジットヒストリー、勤務年数、年収など様々な項目が審査され、アコムの基準に満たなければ残念ながら審査落ちという結果になります。

 

それでもアコムでは、即日にキャッシングが出来るというメリットの他、自動契約機で土日祝日でも契約出来るという高い利便性があります。

 

さらにアコムのクレジットカードである「アコムマスターカード」を発行してもらうことが出来れば、国内でのキャッシングはもちろんのこと、世界各国のマスターカード加盟店でショッピングをすることが出来るのです。

 

より豊かな生活を送るためにも、アコムへ申し込みの際には是非アコムマスターカードをオススメします。

 

 

どうやら勘違いしている方が多いようですが、新生銀行カードローン レイクというのは消費者金融ではなく銀行系カードローンの一種となります。

 

レイクは一昔前まで消費者金融として営業をしていたのですが、貸金業法による金利の引き下げと過払い金請求が相次ぎ収益率が悪化していたレイクは2008年に新生銀行の子会社となり、「新生銀行カードローン レイク」として貸金業を新たにスタートしました。

 

そんな銀行系カードローンになった「新生銀行カードローン レイク」が定めている審査基準は甘いのでしょうか?

 

それとも厳しい審査基準が定められているのでしょうか?

 

まず銀行系カードローンというのは、どこも非常に厳しい審査となっており、誰でも気軽に借入が出来るワケではありません。

 

だからといって消費者金融の審査が緩い基準となっているのではなく、キャッシングをするためには各社が定める審査基準をクリアしていなければいけません。

 

新生銀行カードローン レイクで融資をしてもらおうと考えている場合には、満20歳以上であることと、安定収入があることが最低条件であり、これはその他の大手消費者金融と同様です。

 

簡単に借りれる通りやすい審査の中小消費者金融とは異なり、審査基準は確かに厳しいですが、新生銀行カードローン レイクは自動契約肝アリ、日本全国から申込が出来るという利用しやすさがあることから人気があります。

 

もし新生銀行カードローン レイクの融資審査に申し込むのであれば、上記のことをよく理解・確認した上で申し込みましょう。

 

今では大手消費者金融の店舗、自動契約機が日本各地に展開しており、お金をすぐに必要な時には大変大きな存在となります。

 

大手消費者金融の中でも人気のプロミスはテレビや電車の広告などでよく知られており、これまでキャッシングを利用したことの無い方でも、その存在はご存知でしょう。

 

プロミスでしたら平日の14時までに契約すれば即日融資も可能ですし、土曜日や日曜日、祝日などの店舗が休みの日でも自動契約機を利用することによってその場で借入が出来ます。

 

満20歳以上で安定収入があれば、職種や雇用形態関係無しで審査を受けることができ、申込をしてから融資実行までは早ければ一時間程度で完了します。

 

気になるのがプロミスが設定している審査基準かと思いますが、イメージ的に「消費者金融だから緩いのでは?」とお考えかもしれませんが、決して甘いワケではなく、プロミスではちゃんとした厳しい審査を行います。

 

プロミスのような大手消費者金融は中小のように通りやすい審査でお金を借りれるものではありませんのでご注意ください。

 

ただプロミスは全国展開していることや、インターネット申込が出来ること、そして先述しているように土日祝日でもお金を借りれるという便利さがあります。

 

このことから、これからお金を借りようとご検討されている方は是非ともプロミスに申込をしてみてください。

 

さいたま市が県庁の埼玉県は野球やサッカーのプロチームがある事からスポーツの盛んな地域として有名です。

 

全国でも有名な社寺も多く、遠方から初詣に多数来る方もいる事で知られています。

 

また日本国民から愛されるアイスガリガリ君の製造元の会社があるのもご存知でしょうか?

 

そんな埼玉県には審査が甘い消費者金融・銀行はあるのでしょうか?

 

 

埼玉県内で審査の緩い消費者金融で代表的なのが「ベルーナノーティスローン」です。

 

通信販売でお馴染みのベルーナグループが運営しており埼玉県上尾市仲町に店舗を構えています。

 

借り入れ額は最高で100万円、年利は18.0%と消費者金融ならではの高金利設定です。

 

中小のサラ金業者ということもあり、審査に通りやすいですからハードルはそこまで高くありません。

 

借入れ事態は難しくありませんが、中小ということで安心感が今ひとつなのがデメリットと言えるでしょう。

 

大手のような資金力もありませんので自動契約機もなく即日融資や土日の契約は難しいです。

 

安心感であれば、やはり地方銀行が上と言えます。

 

埼玉県有数の銀行「武蔵野銀行」は安心感は勿論ですが、高融資額低金利で利用者に評判のカードローンです。

 

むさしのスマートネクストは専業主婦の方でもお金を借りる事が出来るのが大きな特徴の一つ。

 

家計を管理する立場上、急な出費に対応できるのはありがたい事ですよね。

 

埼玉県内各地に店舗を構える武蔵野銀行ですが、手続は店頭にて行いますので融資までに時間がかかります。

 

即日キャッシングを検討しているような急ぎの方には向いておらず、審査も厳し目なのが難点です。

 

 

数ある貸金業者の中でも利便性が高いのが大手の消費者金融です。

 

銀行のように低金利ではありませんので返済負担は多少重いですが、申込から融資まで即日で済ませるスピート対応が大きな魅力です。

 

無人契約機も豊富ですから、仕事帰りや土日でもに契約手続を済ませることが可能です。

 

また大手という安心感もあり、中小よりも利用されている方が圧倒的に多いです。

 

アルバイトやパートであっても毎月安定して収入があれば借りれる可能性は十分にあります。

 

広島風お好み焼き、柿、もみじ饅頭等の名産品でお馴染みの広島市のある広島県。

 

「呉海自カレー」出有名な呉市や、眺めの最高な地元では有名なデートスポットもあり観光地としても人気の都市です。

 

そんな広島県にある消費者金融・銀行には審査の甘いところはあるのでしょうか?

 

 

福山市に店舗を構える「もみじファイナンス」は、広島県でも有名な貸金業者です。

 

融資額は最大で50万円、金利は15.00%〜20.00%とあまり使い勝手は良くありません。

 

しかし中小のサラ金ということもあり、審査はかな緩いようです。

 

その為非正社員であっても安定収入があれば比較的審査には通りやすいと言われています。

 

契約は店頭にて行う必要がありますので、時間と手間がかかります。

 

自動契約機もありませんので即日キャッシングを考えている方には不向きでしょう。

 

 

地方銀行の広島銀行「ひろぎんカードローン・マイライフ プラス」はどうでしょうか?

 

使い道自由で借入枠は最高で500万円、年利は8.0%と銀行ならではの低金利。

 

通常の借入だけでなくおまとめローンとしても活躍してくれるカードローンです。

 

銀行ですから審査は厳し目に見られますので、正社員でない方はハードルが高くなると思ったほうが良いでしょう。

 

また実際にお金を借りるまでにも時間がかかりますので、あくまで長期的な利用に向いているローン商品です。

 

 

使い勝手の良さで人気なのが大手の消費者金融カードローンです。

 

直ぐに審査結果が分かり、無人機も豊富ですのでその日のうちにキャッシングが出来ます。

 

素早い対応でニーズに応えてくれますので、急な出費や給料日前にお財布がピンチになった時でも安心です。

 

気になる審査ですが中小サラ金のように甘くありませんが収入が安定していればパートやアルバイトでも問題ありません。

 

大手ということもあり安心して借入出来ますので、まずは気軽に申し込んでみてはいかがでしょうか?

 

学生時代だからこそ、普段の生活の中でお金が必要になる機会は多いものです。仲の良い友人達と飲み会をしたり、恋人とデート、また長期連休時には海外旅行へ出掛けることもあるでしょう。

 

しかしどこかへ出掛けるためにはお金が必要であり、時にお金が無くてせっかくのお誘いを断らなければいけないこともあるかと思います。

 

他にも場合によっては大学の授業料・学費の工面、そして一人暮らしの場合には家賃の支払いもあるでしょう。最近では携帯電話の料金も結構かかりますよね?

 

教育ローンや奨学金などを利用して授業料を支払っている学生も多いですが、生活費や交遊費にはもちろん利用出来ません。

 

そんな時にオススメしたいのが、消費者金融会社や銀行カードローンなどを利用してのキャッシングであり、条件を満たしていれば学生でもお金の借入が出来ます。

 

まず学生が金融会社や金融機関でお金を借りるためには、満20歳以上という年齢制限があり、同じ学生でも未成年者の借入は出来ません。

 

そしてもう一つ、アルバイトをして安定した収入を得ている必要があります。

 

これら2つの条件を満たし、また申し込み時には運転免許証や学生証などの身分証明書を一点提示しなければいけません。

 

皆様の中には「お金を借りることを親にバレたくない」と思っている方も多いでしょう。原則として親を保証人に付ける必要はありませんが、どうしても契約書や明細書などといった郵送物が自宅に届いてしまい、バレてしまうことがあります。

 

この郵送物が送られてこないようにするために、各消費者金融の無人契約機を利用して申し込みすることをオススメします。

 

無人契約機でしたら、その場で契約書やキャッシュカードが発行されることから、親にバレないでお金を借りることが出来ます。

 

このように学生でも親バレせずに借入は出来ますが、学生という立場上、利用限度額は低く設定され、概ね5-10万円程度が一般的となります。

 

また将来社会に出てからの信頼を失ってしまわないように、アルバイトで得たお金で遅延することなく毎月借金返済をするようにしてください。

 

キャッシングもクレジットカードと同じで、収入に見合った借入と返済スケジュールの確立が大切なのです。

続きを読む≫ 2015/07/07 19:45:07