キャッシングの初回限度額や増額する方法についてです。

MENU

キャッシングの初回限度額はいくらなの?増額するには?

 

新たにカードローンに申込む方が

限度額を増額するより早いかも!?

↓ ↓ ↓ ↓

 

カードローンによるキャッシングをする方の大半は、急な出費の際に利用するのが目的かと思います。

 

給料日前までの繋ぎとして利用する為、そこまで大きな額は必要としていないケースが多いことでしょう。

 

しかし中には「ある程度まとまった大口融資」を希望される方もいらっしゃいます。

 

消費者金融や銀行カードローンの案内には「◯◯◯万円まで融資可能」と記載されている事が多いですが、実際の融資限度額はいくらなのでしょうか?

 

 

いきなり最高額のキャッシング限度額を設定されることはない

 

実は初回の段階でキャッシングの最高限度額までお金を借りれるようなことはまずありません。

 

初めてキャッシングを利用する方ですから、まだ金融業者に対して信用も実績もない状態です。

 

このような人にいきなりキャッシングの利用可能なギリギリの限度額まで貸してくれる事が無いのは、容易に想像できるのではないでしょうか?

 

現実で考えても、「信用」ができない人にはお金を貸しませんよね?

 

どんな人でも「できるだけ信用ができる人」にお金を貸すでしょう。

 

もちろん、消費者金融や中小サラ金、銀行や信用金庫でも同じことが言えます。

 

このように、最初に借りれる限度額は最高額ではないということを肝に銘じておきましょう。

 

 

初回にキャッシング限度額はおおよそ10〜20万円ほど

 

では、キャッシングやカードローンで最初に借りれる限度額はいくらぐらいなのでしょうか?

 

金融機関によって異なりますが、初回のキャッシング限度額は「10万円〜20万円」が相場のようです。

 

もちろん人によって変わりますし、今まで借金の返済遅延があったり、複数社借入をしているのであればさらに限度額が低くなる場合もあります。

 

また、各金融業者によって初回限度額の決め方は異なるため、あくまでも「おおよその相場が10〜20万円」という感じになります。

 

基本的には最初の契約では大きい金額を借りることは難しくなるようです。

 

 

キャッシング限度額がいっぱいになったら増額も可能

 

上記で説明したとおり、初めはキャッシングの上限金額というのは少ないものです。

 

しかしこのキャッシング限度額というのは、キャッシングを行い返済日をきちんと守り続けていれば、徐々にキャッシング業者側の信頼度が高まり利用可能限度額を増枠・増額してくれるようになります。

 

そうなれば、初回は20万円程度しか借りれなかったものが40万円まで借りることができるようになったりもするのです。

 

 

これを繰り返していくことで、最終的に高額なキャッシング限度額までキャッシングできるようになるのです。

 

ただし、キャッシング限度額の増額や増枠については、各金融機関の「増額審査」に申込をし、審査通過しなければいけないことが多いので注意しましょう。

 

 

 

では、キャッシング限度額を増額するための審査に申し込むためにはどうすればいいのでしょうか?

 

多くの場合、こちらから「キャッシングの限度額を増額したいです」と金融業者側に伝え、自ら申込をしなくてはいけません。

 

多くの場合は電話やFAXでの増額審査申込が一般的ですが、大手カードローンであればネット申込も可能なようです。

 

また、キャッシングや返済を模範的に繰り返していれば、キャッシング業者側から「限度額を増額しませんか?」という通知が来る場合もあります。

 

これは、いわゆる「良いお客さん」としてキャッシング会社に認められたといえるでしょう。

 

「このお客さんは定期的にキャッシングしてくれるし、ちゃんと返済もしてくれるからもっと限度額を上げていっぱい借りてもらおう」という風に判断されるワケですね。

 

そうなれば、キャッシング限度額の増額審査は比較的通りやすいといえるでしょう。

 

ただし、そうなるためにはちゃんとした返済実績を作らなければいけません。

 

また、その実績を作るためには「ある程度の期間が必要」とおなるわけです。

 

 

限度額増額には契約から最低半年は必要

 

当たり前のことですが、キャッシングの申込をして契約した直後は返済実績などありません。

 

限度額を増額する際の審査材料として「返済実績」が一番重要視されるのは上記でも説明しました。

 

そのため、返済実績を作るのに多くの場合、半年ぐらいはかかるでしょう。

 

つまり、増額審査に通過できるようになるには半年〜1年の期間が必要となるのです。

 

もちろん、キャッシング業者によっては「半年で増額可能」なところもあれば、「最低1年は必要」というところもあります。

 

また、借入と返済の回数が非常に多く、短期間で実績を作れるのなら半年ぐらいで増額できるキャッシング業者もあります。

 

このように、キャッシング限度額は増額することは可能ですが、ある程度の期間で返済実績を積まなければ増額することはできないのです。

 

 

限度額を増額より新たにキャッシングするほうが早い

 

このように、キャッシング限度額増額のためにはある程度の期間が必要となります。

 

限度額を上げるということは「大きなお金を貸す」ということになりますので、増額審査自体も慎重になり、審査時間も長引く場合が多いようです。

 

そのため、急ぎですぐにお金が必要な場合は限度額を増額するのでは間に合わないパターンもあるということです。

 

その場合、限度額の増額審査を受けるよりも、新たに違うカードローン審査に申し込んだほうが早くお金を借りれる場合もあります。

 

新たにカードローンを作るのであれば最初に借りれる限度額は少なめです。

 

ですが、多くの場合は初回に借りれるお金は10〜20万円ほどですので、ある程度のことは用足しできるでしょう。

 

このように、あえて増額審査を受けず、他社のカードローンでキャッシングするほうが早くお金を借りることができる場合もあります。

 

もし、即日で今すぐにでもお金を借りたいのであれば、ぜひ試してみるとよいでしょう。

 

 

キャッシング限度額が増額できても総量規制に注意!

 

話は戻りますが、もし仮にキャッシング限度額が増額できたとしても、必ずしも「キャッシング限度額の最大上限まで借りれるようになる」というわけではありません。

 

何故なら「総量規制」という法律が設けられているからです。

 

消費者金融などのキャッシングでは、改正貸金業法施行により、年収の3分の1の限度額までしかキャッシングが出来ません。

 

これは「借りすぎ貸しすぎを防ぐための法律」ですので、貸し手も借りる側も守らなければいけません。

 

稀に借り入れ額を多くしたいがために「年収を偽って申込される方」もいらっしゃいますが、限度額の増額審査の段階でバレることが殆どです。

 

当然そのような人は増額審査には通過は出来ません。

 

仮に増額審査に通過しても、後にバレて契約解除になる可能性が高いですから、申告は正確に行いましょう。

 

 

限度額が増額できれば金利は安くなる

 

もしキャッシング限度額が増額できれば、その分、借入金利は低くなります。

 

限度額が大きくなる分、信頼が上がるわけですので、その恩恵とも言えるでしょう。

 

しかし良いことばかりではなく、増額による金利減少に伴い、返済額は基本的に大きくなります。

 

ですから「限度額が上がっていっぱい借りれる」と油断していると、後から返済ができない状態にもなりかねません。

 

きちんと計画を立ててキャッシングを行うことだけはお忘れなく。

 

 

銀行カードローンと消費者金融!どっちが限度額が高い?

 

カードローンやキャッシングには「銀行が取り扱っているもの」と「消費者金融が提供しているもの」の2つに大きく分けられます。

 

では、銀行と消費者金融ではどちらが初回のキャッシング限度額は高くなるのでしょうか?

 

これに関してですが、正直、初回限度額はどちらもさほど変わらないかと思います。

 

上記でも述べましたが、おおよそ10〜20万円程度ではないでしょうか?

 

また、大手金融であれば「もっと高額の限度額を貸してくれる」と思うかもしれませんが、もちろんそのようなこともありません。

 

基本的には申込・契約をして間もない人は「返済実績」などがありませんので、限度額は低めに設定されるのです。

 

どんなに信用がある人でも、最初のキャッシング限度額は20〜30万円程度ではないでしょうか?

 

 

パート主婦やアルバイトのフリーターは限度額は低め

 

キャッシング限度額を決める基準としては「雇用形態」なども重要視されチェックされます。

 

例えば、年収の高い公務員の方が、年収の低いアルバイトよりもキャッシング限度額は高めに設定されるでしょう。

 

これは「収入の安定さ」や「年収の高さ」などが審査でみられるからです。

 

カードローンなどのキャッシングでは、利用するためには「雇用形態」は、安定した収入さえあれば特に関係ありません。

 

しかし、キャッシング限度額となるとやはり年収や雇用形態などをみられてしまうようです。

 

そのため、パートの主婦さんなども初回のキャッシング限度額は低めに設定されるので注意しましょう。

 

その他、パートやアルバイトでも出勤日数や勤務年数が短ければ限度額は低めに設定される傾向があるようです。

 

 

正社員や公務員であれば限度額は高くなる!?

 

上記でも述べましたが、限度額の選定には「雇用形態」が重要視される傾向にあります。

 

もし仮に、自分が金融業者だったら「年収が高くて収入が安定している人」にお金を多めに貸したいですよね?

 

これは「ちゃんと返済してもらえそうだし、急に失業したりしなそう」という「見込み」がつくからです。

 

逆に言えば、日雇いアルバイトで年収もそこまで高くないというフリーターであれば、「急に失業しそうで、返済ができなくなりそう」と判断しますよね?

 

そうなると、「大口の金額」を貸すのは、金融業者としてはリスクになるわけです。

 

このように、非常に残酷ですが公務員や正社員のほうがパートやバイトに比べ初回の限度額は高めに設定されるのです。